色んな青色に変化する沖縄の青の洞窟は自然が生み出す神秘的な空間

ダイバーとウミガメ

時間帯によって色の変化を楽める沖縄の青の洞窟

魚の群れ

青の洞窟といえばイタリアのカプリ島にある青の洞窟が有名ですが、沖縄本島のほぼ中央の恩納村真栄田岬にもイタリアに負けない美しさを誇る青の洞窟があります。沖縄の青の洞窟へ行くにはまずツアーに参加するのがベストな方法です。洞窟の近くまでボートやカヤックで向かい、中にはシュノーケリングで行くというのが一般的のようです。
そこで青の洞窟をどう楽しむか、青は青でも濃い青、深い青、明るい青など気候条件や時間帯によって青色が変わってくるので、色の変化を楽しむのも青の洞窟の1つです。そこでどのように色を変化していくのか。岩場から差し込む陽の光は太陽がどの位置にあるのかが関係してくるのでツアーの参考にしてみてください。朝の早い時間ですと日差しが直接青の洞窟に差し込むので「エメラルドグリーン」の様なきれいな明るい青になります。早朝はツアー客もまだ少なく、ゆっくりと堪能できるのでおすすめです。
そして次におすすめするのが夕方の時間帯15時から16時辺り。日が傾き始めているので一日の中で「濃いブルー」を味わえます。またこの時間帯のおすすめは、海の上でサンセット、目の前で太陽が沈んで行く瞬間も見ることができます。このように青の洞窟は1日の中でいろんな青色に変化するので、予定に合わせてツアーに参加でいるのも魅力の1つです。沖縄のきれいな海と空。自然が生み出す神秘的な空間は青の洞窟で是非味わって見てください。

沖縄の青の洞窟でのダイビング体験

数年前に、沖縄の青の洞窟でダイビングをしてきました。きっかけは、友人が新婚旅行で沖縄の青の洞窟のダイビングをしてきて、その体験談を聞いているうちに私も行きたくなったからです。アクティビティ関連の会社に申し込み、ツアー形式で実際に行ってきました。
行ってすぐにダイビングをしたのではなく、その青の洞窟の景色を眺めるところから始まりました。洞窟内の水が青いということはもちろんわかっていたのですが、直接みてみると想像とは全く違いました。日光に照らされて、神々しく輝いているような、透き通った美しさだったのです。事前に見た写真の何十倍も美しく、ダイビングするのが恐れ多いと感じるほどでした。といっても、ダイビングが本当の目的なので、もちろんそのきれいな水へと潜っていったのですが、見ていたときは浅く感じられたのに、実際には結構な水深があって、少し焦りました。
水中を観察していると、南の海らしさを感じさせるような、明るい色合いの魚がたくさん泳いでいて、日本にいることを忘れてしまうほどです。さらに、水中から上を見上げると、日差しが水中まで一直線に差し込んできているのが見えて、沖縄で日常では感じられない、不思議で美しい体験ができました。

何度行っても飽きない沖縄の青の洞窟

日本の海はダイビングをするのに最適な海ばかりです。きれいな海で海の中の生き物たちと触れ合いながらダイビングを楽しめるのは日本のダイビングをお勧めする1つのポイントでもあります。
ですが、ダイビングをする際に守るべきルールがあります。それはダイビング経験者とダイビング初心者それぞれによってコースが分かれます。初心者の人には初心者向けのコースを必ず泳ぎ、自分は運動神経が良いから上級者向けの海をダイビングしてみようと言う考えは捨ててください。海は時折覆われになったりよきせぬハプニングを起こします。そのため背伸びをせず、自分の実力に合ったダイビングスポットから挑戦することを必ず守ってください。
経験を踏んでいけばよりいっそうきれいな海でダイビングをすることができます。日本の海は世界の中でも上位に入るほど綺麗な海ばかりです。その中でも1番のオススメは沖縄の青の洞窟です。沖縄でしか見れない海の生き物達とともにダイビングすることができるのは沖縄の青の洞窟ならではです。初心者や経験者どちらでもずっと楽しめるダイビングスポットが多く、特に青の洞窟は何度行っても飽きないのも魅力の1つです。
ダイビングをする際には前準備や道具をしっかり揃えてからダイビングに臨んでください。

沖縄の人気スポットの青の洞窟を楽しむためのポイント

青の洞窟と言うと、イタリアのカプリ島にある洞窟を思い浮かべると思いますが、実は日本にも青の洞窟が存在します。場所は沖縄県、恩納村真栄田岬にある洞窟で、那覇空港から車を使えば約1時間程度で辿り着くことができます。 沖縄の青の洞窟で海水が青く見えるのは、太陽の光が海底に反射して水面を照らすことによって青くなり、海底までの距離と海底の砂の色が影響します。この沖縄の青の洞窟はそのどちらの条件も好条件の為、より青く輝いているのです。この青の洞窟を存分に楽しむ方法ですが、何と言ってもダイビングが一番ダイナミックに幻想的な世界を感じることができます。神秘的な青の世界の中に数々の熱帯魚やリュウキュウハタンポ、キンメモドキを間近に見ることができ、非日常的な空間に圧倒されることでしょう。ダイビング未経験者で不安がある方は、シュノーケリングで十分楽しむことも可能です。また、夜に行くこともでき、夜行性の生き物が活動している洞窟は、昼間とは全く違う世界が広がります。 現在ではツアーで申し込むこともできるので、装備一式を貸し出しやボートでの送迎、シャワー、ロッカーなどの設備提供もしてくれます。写真もスタッフが撮影してくれるので、友人との旅行、デートや家族旅行の想い出を作る事ができます。誰でも気軽に行くことができる人気スポットですので、是非一度体験してみてください。最高の思い出ができると思います。

おすすめ記事

  • ダイバー4人

    沖縄の青の洞窟を更に楽しむために

    沖縄の青の洞窟を楽しむためのポイントは私は3つあると考えています。1つ目は必ずガイド付きで行くと言うことです。ガイドの方がいる…

    »詳しく見る

  • イソギンチャク

    ダイビングをする前に準備しておく物

    ダイビングをする前には色々と準備をしておかなければいけません。本格的なダイビングをする始める前には、ほとんどの方が体験でダイビングを行…

    »詳しく見る

  • ウミガメ

    ダイビングに必要なもの

    ダイビング未経験者の中には、何を持って行けばダイビングができるの?と疑問に思う方も少なくありません。ダイビング用品は基本的なものからあ…

    »詳しく見る

コンテンツ一覧